このサイトはグラフィックデザインのモナパブリシティが行っている環境保護自然派商品推薦活動の詳細です。

モナパブリシティ

今の世の中、販売不振が常識。

●「ホームページを作ってアップしたが商売にならない」「インターネットは儲からない」というような言葉をよく耳にします。
しかし、考えてみてください。それは太平洋の小島に店を出したようなもので、儲かると思っている方が間違っているのです。
妄想は捨てて下さい。テレビ広告、新聞広告、殆どの広告を覚えていられますか?

私たちの業務の中心にあるのはウェブを軸にしたビジネスモデルの実装ですが、その業務内容は単に表層的な部分に留まらずコンサルから企画立案・旧来メディアを含めた全媒体を活用するブランディングと最新のテクノロジーとの連動を考えたシステム構築など、トータルに企業の事業活動を具現化する幅広いサービスを提供しております。

よく、宣伝文句で「あなたも簡単に出来るインターネットビジネス」などと云っていますが、ホームページを作ることは簡単ですが、商売を展開し、ワン・ツー・ワン・マーケティングに対応するとなると容易なことではありません。ホームページもデザインも制作するだけでは用を足さないのです。普通の商売でもインターネットでも何れにせよ。商売をすると云うことは簡単にはできないからです。
儲からないと言って止めてしまえば失敗です。成功するまで継続すれば失敗はありません。それなりの覚悟が必要です。

売れない理由のいくつか

1,販売する商品が在庫商品である。
  斬新なものを考える。
日頃、販売している商品が不景気で売れないので在庫処分的な感覚ではダメ(斬新ということを考えてみると職種によってはそうでないものもある。例えば「ペット屋さん」「金物屋さん」「家具屋さん」など)。

2,ホームページを作ってアップし、検索エンジンに登録しただけ。
 しかし、これはあまり期待できません。何故かと申しますとメール1通うけとると(読むのではなく受け取るだけで後は削除)、いくらかもらえるという仕事があり、受け取る人達が沢山登録していて、そういう人達にメールを送信し何万人かに送りましたと言う業者や、また、悪質業者がスパムメールとして送信した場合もあり、あなたの企業は効果が上がらないのに、お金だけを取られたり、または計り知れない痛手を被ることになります。
では、インターネット上での広告宣伝はどうすれば良いのでしょうか!

3,マーケティングがまだマスマーケティングから抜け出していない。
日本の以前の栄光が忘れられない方が、まだ、多くいらっしゃいます。
 マーケティングプランは最初に考えなくてはならないものですし、パーソナルなメディア(インターネットなど)に対しては・・・・・・・。

売りの難しさ

学生がエンピツを買いにやって来ました。ここに100円のエンピツと200円のエンピツがあります。
両方とも一見変わらないように見えますが売る方は200円のエンピツを売りたいのです。どうすれば売れますか?
学生は同じように見えるので100円でよいと言うでしょう。
売り手は200円のエンピツがすばらしい木で出来ており、芯も最高級のもので出来ていると言うかもしれません。
しかし、それぐらいの事では学生は100円でよいと言うかもしれません。

そこでもし、100円のエンピツで書き出したら1時間で指がつかれるが、200円のエンピツは3時間書いても滑らかで疲れなく、そのため成績がアップするとしたらどうでしょうか?
100円高い位で成績がアップするなら誰でも買うはずです。物が売れるのは買う物がその価値をどこで認めるかということです。

以前の日本ならば、材質の良い物で作ったと言えば売れたでしょう。しかし、今日では生活も多様化し、その様な価値をあまり見いださなくなったのです。物より思い出、物より生き方が問われる時代だからです。
ですから、景気が回復しても以前の日本はそこにはもう見あたらないはずです。
新しいチャレンジ、新しい考え方が必要では無いでしょうか!

私たちで何か出来ることはありませんか?

世界は企業や個人の区別無くネットで繋がれ、特に若者は会社という概念がうすれ、ネット社会の住人となり、会社への依存度はありません。
21世紀のネットの世界には上下関係はなく、企業、個人の別無く、皆が繋がり関係性が限りなく続いて行きます。

しかし、以前の人脈とはまた違っています。人脈が広い方でもモノの販売には苦慮します。 そのモノが発売されるたびに多くの消費者はネットで同じ様なモノで、より良いモノ、より安いモノを検索し出します。徹底的に調べられます。同じもので値段の比較など、あっという間に行えます。消費者は検索という武器を持っています。

20世紀型の企業活動は宣伝を酷使し、物を大量販売する事が主流で、企業全体の形は子会社を傘下に治めることにより成り立っていました。

ピラミッド型の経営は階層的で画一的で、何か問題があれば過去のデータを分析し、そこから失敗を学ぼうとします。
しかし、分析している範囲も過去の事で、そのような分析結果を基盤にして戦略を考えても前へ行く者たちを追い越す事は出来ません。

現在では分析結果を検討している間に多くの物事は進んでしまいます。その遅れた過去の分析結果を元に戦略立案しても、もっと遅れるだけです。
それほど全てのものが早く進んでいるのです。

一個人、一企業の部分に世界全体が含まれていきます。大きなプロジェクトの一員でありながら、また、自分たちが主人公でもあるのです。
一地域だけではなく世界中と繋がって行く、この関係性のパラダイムは何を意味するでしょうか。

世界のスピードある変動の中で、20世紀とは違う変わり行く人々の行動に応えるサービス提供を考え、そのための仮設をたて、それを基に企業活動を行わなければなりません。
企業の組織自体をも変化させなければ世界と協調できない組織になってしまいます。

21世紀に生き残る企業は社会性を考え、エコを考え、誰もが楽しんで好きな事ができる様にし、それでいて人々の生活を抜きにしては成り立ちません。

私たちは21世紀型の関係性を重視しているので多くの企業と関係を結び、その企業の考えや技術などの特徴を引き出し、ビジネスモデルを創出します。
企業同士の自由な意見交換の世界ではビジネスモデルや特許が数多く出現し、多くの知的資産が増え続けるのです。

お互いに自由で活発な意見交換を行い話し合いの中で生まれてくるアイデアや考え、ビジネスモデルなどの特許、著作権などを取得します。

私たちは自由です。何者にも縛られる事はありません。自由に考え、自由に行動し、仕事は自分の好きなことを楽しんでやってこそ意義があります。



人気 No.1

ミラクルおそうじパウダー
この粉石けんは世界的に稀な粉石けんです。洗濯や掃除以外にも使えて便利です。
特に災害避難用に用意すれば防臭などにも役立ち、一つで何通りにも使えます。

もっと見る

人気 No.2

ミラクル万能クリーム
万能というだけ有って様々な使い方ができます。
やはり植物からの抽出液を使用しているのでお肌に優しい感じです。また、捻挫などで足をマッサージするときにも重宝されます。

もっと見る

人気 No.3

災害用ミラクルおそうじパウダー
避難先でお役にたちます。
ストローで霧吹きを作る作り方が入ってます。

もっと見る

出張講演

色彩の力についての講演
色彩は非常に多くの事柄をカバーできます。
例えば特定の色彩は美容や健康など人間の身体に効果があります。また、企業が販売する製品、そして販売方法、企画など、人間の心理に及ぼす効果を発揮します。その効果は甚大なものがありますが知っている人はあまりいません。

もっと見る

あなたの表現物を守ります

米国著作権登録申請
それはあなたが将来において悔しい思いや、後悔することが無いように、また、新しいあなたの考えが多くの利益を生むからです。 また、そのような著作物を他の誰かにマネされないようにするためです。「その考えを使わせて欲しい」と言ってくればどうぞと言えるが、黙ってマネをされれば腹が立つ。 著作権は権利の束(たば)と言われています。

もっと見る

音楽のパワーは凄い!

NPO法人世界音楽友達の書い
音楽を通して地域活性化などをお手伝いします

もっと見る

管理者の事


管理者は画家です。描いた絵が切手に採用されたり、色彩で行うダイエットの監修などしております。

ページトップへ戻る